株の軍資金は自分がいつまでにいくら欲しいのかで決まる

株 軍資金
株の軍資金は多いほど利益を効率良く上げる事が出来ますが、初心者が大金を入れると負けた時の損害も大きくなります。

なので最初は数万円から数十万円ぐらいでやった方が良いと言えます。

株の軍資金は勝てるようになってから増やせば良い

株式投資を始めていきなり安定して勝つという事はかなり難しいです。

やはりどんな事でも最初は上手くいかないもので、色々な経験や勉強をして勝てるようになる物です。

最初はビギナーズラックで勝てたとしても株の売買を繰り返していく内にほとんどの人は負けていきます。

なので、まずは軍資金がいくら必要かという事よりもどうやったら勝てるのか儲けられるのかを研究して、稼げるようになったら軍資金を増やしていきましょう。

もしくは、自分はどのくらいの軍資金があれば勝てる売買を出来るのかを考えて調整しましょう。

軍資金が少額でも複利で資金は増えていく

株で稼いでいくと当然資金が増えていきます。

例えば100万円投資して年に10%の利益を上げる事が出来るとすると資金は110万円になります。

そして次の年も10%増えると今度は100万円からではなく、110万円の10%となるので資金は121万円になるのです。

最初の内は軍資金によってはそこまで差が出ませんが、コレが何年何十年と続いていけばかなりの金額の差が生まれます。

なので、最初の軍資金が少なかったとしても複利で増やしていけばそれなりの金額を得られるという事です。

毎月の給料から資金を追加していけば良い

今すぐに用意できる株用の軍資金が少なくとも、毎月の給料からいくらか追加していけば軍資金としては十分な費用を捻出する事が出来ます。

資金が少ない内は数万円や数十万円というのは大きな軍資金となるので、出来るだけ追加していくと良いでしょう。

しかし株式投資で資金を増やして金額が数百万円や数千万円レベルになると数万円程度の追加ではあまり意味が無くなってきます。

軍資金が多いと同じ10%でも金額がまったく違う

株 軍資金
資金が100万円と資金が1000万円の場合では、株式投資でまったく同じ運用をしたとしても得られる金額が変わってきます。

例えば年間10%の利益とすると100万円の場合は10万円の利益ですが、1000万円で運用すると100万円の利益となります。

もちろん、年間10%というのは仮の設定なので年間に30%とか50%稼げる人なら相当な額の違いが軍資金によって出てくるという事です。

いつまでにいくら欲しいのか計算してみよう

ある程度の経験を積めば自分が年間に何%の利益を出せるかをデータから知る事が出来ると思います。

なのでそこから計算して軍資金をいくらいれれば良いのかを考えてもいいかもしれません。

また、計算してみて思ったより利益が出ないと思ったら、やり方を変えて年間で得られるパーセントを増やすか軍資金を増やすしかありません。

けれど株式投資は自分の思った通りにならないからといって無茶をすると大変な損害をこうむる事があるので、リスクとリターンのバランスを考えて上手く軍資金を考えていきましょう。

PR