株式投資はトレンドに乗るか事前に仕込んでおく

PR

株 トレンド
株式投資はトレンドに乗ると良いという話を聞くと思いますが、トレンドに乗るのは良い事ばかりではありません。

例えばトレンドになっているとアナタが感じているという事は、他の人もそれを把握している可能性が高いという事です。

その場合、一度トレンドが崩れると一斉に皆が売りに出してくるので、株価が暴落してしまう可能性も高いという事です。

最初に乗っている人が有利

結局の所、株は先に買った人を後から来る人が買い上げて儲けさせているという事です。

という事はトレンドの最初から株を保有している人ほど有利で利益も大きいという事です。

しかしほとんどの人はトレンドが発生してから株を購入しようとするので、負けてしまうという事が考えられます。

株価が暴落するまでに上手く逃げられるといいですが、他の人も皆同じ事を考えているので中々難しい物があります。

トレンドになっていると気付いた時には遅い

皆がこの株は上昇すると確信している時は、だいたいその後に株価が下落していく事でしょう。

株はなんだかんだで疑心暗鬼になりながらも、リスクを張って最初に飛び込んだ人の方が成功する場合があります。

というのも先に入った方がリスクは低く利益が伸びるというメリットがあるからです。

逆に安心してから入った人の方が、実はリスクを張った割りに利益を得られないという事になってしまいます。

初動を見極めるのはかなり難しい

なるべく早めに株価上昇のトレンドに乗りたい物ですが、やはりトレンドは上昇していって初めて分かる物ですので事前に察知する事は難しいです。

なので、結局はダメだった場合損切りしていくか信じて持ち続けるしか無いという事です。

トレンドが崩れたと判断するのは難しい

株 トレンド
例えばある程度の波を形成して株価が上昇していたとします。

それにトレンドラインを引いたとして、そのラインを下回ったからといってトレンドが崩れたと判断するのは早計です。

ほとんどの人が経験済みだと思いますが、トレンドが崩れたから損切りしたら株価が上昇して、結局元に戻っていったという物です。

そして何事も無かったかの様に再びそのトレンドを継続させていきます。

こうなってしまうとそれは結果論だから損切りして良かったのか、それとも持っていれば良かったのかという話になります。

トレンドになったら利益を伸ばすという方法

トレンドになってから入るのではなく、すでに保有している銘柄がトレンドになったら利益を伸ばすという方法もあります。

中長期的な投資方法になりますので先見の明が必要ですが、初動かその前ですでに仕込んでいるのでリスクが少なく安心した投資を行う事が可能です。

PR