株価が下がる原因をまとめてみた

株 下がる
株価が下がる要素を知っていると株で勝つための参考になると思いますのでまとめてみました。

株価はちょっとした要因で下がるし、かと思えば株価が上がるといった非常に厄介な物なので是非覚えて起きたい要素だと思います。

株価は悪いニュースが流れると下がる

株価はその銘柄が粉飾決算をしていたなど何かしらの悪いニュースが起こると下がる傾向にあります。

当たり前の話ですが、そういう悪い話が起きると会社のイメージも下がりますし決算にも影響を及ぼします。

決算が皆が想定している物より悪かった場合

会社は四半期毎の業績の予想を経てて公表していますが、それとプラスして投資家達が予想している業績という物があります。

株価はそれらの予想を下回った場合下がる傾向にある様です。

なんだかんだいって株価というのはその会社の業績に関係している事が多いため、決算内容はとても重要という事です。

また、今期の業績が良かったとしても来季予想が悪かった場合なども株価が下がる要因となる様です。

日経平均株価が下がる時

必ずではありませんが、日経平均株価が下がると投資している銘柄の株価が下がる要因となります。

特に日経平均に採用されている銘柄や東証1部の株価に影響を及ぼします。

新興市場の場合はむしろ上がる場合もありますが、日経平均株価の下げが酷いと影響があるようです。

日経平均先物が下がる

株 下がる
日経平均先物が下がると日経平均株価に影響を及ぼすので、株価が下がる原因となります。

為替が円高になると株価が下がる

日本の日経平均採用銘柄の多くは輸出を収益の軸にしている場合が多いため、為替が円高になると海外で販売する価格が高くなってしまい商品が売れなくなってしまいます。

そのため、会社の業績に影響があるから日経平均株価が下がるといった事も言われていますが、どちらかというと円高になると株価が下がるという、投資家達の心理による影響が大きいのかもしれません。

アメリカ株が下がった場合

日経平均株価はアメリカ株の影響を受けやすいため、ダウが下がると日本の株価が下がる様です。

チャート形状が悪いから下がる

チャートの形状などから動きを予想するテクニカル分析がありますが、チャートの形状が悪いと株価が下がる要因となる様です。

日本や世界全体に悪い事があった場合

日本で何か良くない事があった時、日本の企業が危ないという事で株価が下がるといった事が起きます。

また、世界で何か問題があった時も日本株が下がるので注意が必要です。

PR