株のスイングトレードのメリットとデメリット

株 スイングトレード
株のスイングトレードは短期売買のため資金を回転させる事が出来、比較的短期間で利益を上げる事が出来る方法です。

また、普段働いていてザラ場が見れない人でも、上手く立ち回れば取引が出来るのでスイングトレードをやっている人は多いといえるでしょう。

株のスイングトレードとは何か

株式投資におけるスイングトレードとは、株のポジションを持って2日や1週間ぐらいで取引をするやり方の事を指します。

場合によっては数週間や数ヶ月ぐらいもスイングトレードと言ってもいいかもしれません。

というのも特にどの期間が何というかというのは、そこまで明確に決まっている訳ではないので結構大雑把だという事です。

メリット

日中ザラ場が見れなくても出来る

株式市場が開かれている時間帯は決まっているので、日中働いている人はデイトレードをする事が出来ません。

なので、次に短期間で売買出来るスイングトレードをする人が比較的多く、この方法ならサラリーマンの方でも株式投資をする事が出来ます。

資金が少なくても回転させてより多くの利益を得る事が可能

株の中長期的なやり方だと得られる利益は限られてきますが、より多くの売買が可能なスイングトレードは上手く立ち回ればもの凄い利益を生み出す事が可能です。

有名なスイングトレーダーの方で、100万円ぐらいを数百億円にしたなんていう方もいます。

デメリット

株 スイングトレード

手数料が重んでしまう

スイングトレードのデメリットとして、手数料が多く掛かってしまう事が挙げられます。

中長期投資であれば一度株式を購入すると長い間取引しないので手数料はあまり掛かりませんが、短期売買になるとその分手数料が掛かってしまいます。

手数料は一見少ない様に見えますが、回数が増えると積み重なって結構良い金額になってしまいます。

2日や3日ぐらいでやると精神的に辛い

スイングトレードは売買が短期になるほど市場をよく観察しないといけなくなるため、精神的に辛くなってしまう事が多いです。

日中働いている時にふと損益を見て大損してしまっていたら、その日の仕事もやる気が無くなってしまう事でしょう。

利益を取れる速度も速いが負ける速度も速い

株のスイングトレードは、上手い人なら短期間で利益を上げる事が出来ますが、下手な人がやった場合はものすごい勢いでお金が溶けていきます。

なのでスイングトレードをやるならちゃんと市場を観察して分析して、こうやれば勝てるという物が分かってから本格的にやるようにしましょう。

PR