株の専業は想像よりも辛いし良い物じゃない

株 専業
株の専業は大金が稼げて華々しいイメージがあると思いますが、実際にはトレードで苦しみながらなんとか利益を上げている人がほとんどだと思います。

想像しているようなお金持ちの専業はごくごく一部の人で、その人達も理想的な生活を本当に送っているのでしょうか。

株で勝てないと専業には成れない

株の専業で生きていくには前提として、株で勝てる方法を身につけている必要があります。

専業になったからといって株で勝てるわけではありませんので、株の専業は限られた人にしか出来ない生活方法といえるでしょう。

ある程度の生活資金を確保しておく事

株の専業になるには、事前に結構な蓄えを用意している必要があります。

最低でも数百万円は入りますし、出来る事なら数千万円の余裕は欲しい所です。

また株で勝てなくなった時の事も考えて、なんらかの働き口のあてがあれば尚良いといえるでしょう。

専業は想像よりも辛いと思った方が良い

株の専業は他に何も収入源が無いため、絶対にある程度のお金を定期的に稼がなければいけません。

そうなると想像しているよりも精神面にダメージを抱え、株で勝てなくなってしまったり、体調を崩してしまう可能性も考えられます。

なので、株の専業をするのであれば相当な強いメンタルの持ち主か、どんな状況でも受け流せる様な人ではないと難しいといえるでしょう。

本当に専業ではないとダメなのか考えよう

株 専業
もし株は楽してお金がいっぱい稼げて、自由時間もたくさんあって色々やりたい事が出来ると思っているのなら専業は諦めましょう。

まったくそんな事は無いですし、普通の人はただ辛いだけだと思います。

それに専業ではなくとも株でお金を稼ぐ事は出来ますし、生活面を考えたら、株で一財産を築いてから会社を辞めた方が健全といえるでしょう。

専業投資家はよっぽど稼いでいないと無職と変わらない

投資家といえば聞こえは良いですが、ほとんどの人からすると無職と変わらない扱いをされます。

何億とかの資産を築いているのなら尊敬されるかもしれませんが、そうでないなら社会的地位でいえば低い部類です。

自分が思っているよりも会社員という地位は社会的に信頼性があり、色々な保障に守られています。

なので、決してオススメはしませんが、それでも株で専業投資家をしたいというのであれば誰も止めません。

自分の人生は一度きりですし、株には大きな可能性があります。

成功しても失敗しても自己責任というだけの話です。

PR