株の少額投資はそもそもいくら稼ぎたいのかが問題

株 少額投資
株は少額投資でもやり方によっては多くの利益を上げる事が出来ます。

しかしその分、精神的に辛かったり無理なトレードをしてしまう事があるので注意が必要です。

少額投資はどうしても効率が悪い

資金が100万円と10万円では同じ10%の利益だとしても10万円と1万円で額が全然変わってきます。

なので少額投資は時間の割りにとても効率が悪いといえるでしょう。

株の少額投資は短期売買じゃないとあまり意味が無い

資金が少額だと当然得られる利益が少なくなってしまいます。

例えば10万円ぐらいで普通に株式投資をして、年間10%の利益だとしても1万円しか稼ぐ事が出来ません。

1年間やって1万円しか増えないのであればやる意味が無いといっても良いですよね。

なので少額投資をやるなら年間50%~100%ぐらいの利益を取る必要があります。

そのためには中長期投資より短期売買の方が良いといえるでしょう。

短期売買であれば資金を回転させる事が出来るので、短期間で利益を上げる事が可能です。

株の短期売買は難しいし辛い

株式投資は取引期間が短期になると利益を上げる事が難しくなるといわれています。

なので本当はオススメ致しませんが、それでも少額投資でやるからには短期売買でやるしかありません。

資金が少ないというのはそれだけリスクを張ってなおかつ辛いトレードを強いられるという事です。

今は少額投資でも後々資金を追加していこう

株 少額投資
株式投資でリスクを減らして資金を増やしていくためには、最低でも100万円ぐらいの資金は欲しい所です。

なので今は少額であったとしても、給料を徐々に追加していってそのぐらいは入れるようにしましょう。

資金が少ない内は短期売買で増えてきたら中長期投資

少額投資の場合は資金を失ったとしてもたかが知れているので、思い切ったトレードを行ってある程度の額まで増やす事を目標としましょう。

そして額が貯まったらリスクが少なくて安定的に増やせる中長期投資に移行するのがオススメです。

結局はどの程度の額まで増やしたいかによる

少額投資で少しのリターンでいいのなら無理をする必要もありませんが、数百万円とか数億円というお金を手にれるためには相当な無理をしないといけません。

それだけ資金が少額というのは、大金を手に入れるためには不利という事なのです。

そこの所を踏まえた上で株式投資にいくら入れるのかを考えて上手く運用する様にしましょう。

PR