株の塩漬けは経験を積む機会を逃してしまう

PR

株 塩漬け
株式投資で塩漬けをする人は結構多い様ですが、そのまま持ち続けるか損切りするかの判断は難しい所ですよね。

株の勝ち方を知っている人であれば、さっさと損切りして次の投資先を見つけますが、初心者の方や株で勝つ方法が分からない人は一概に塩漬けがダメとは言えなかったりするのです。

株を良く分かっていないから塩漬けする

塩漬けと株を持ち続けているというのは根本的に意味が違っていて、塩漬けというのは損が出すぎて損切りできない様な状態を指す事が多いです。

勝つために株を持ち続けているというのは、今後その銘柄が上昇する余地があると思って持つという事です。

前者はどうすれば良いのか分からなくて行動を保留している状態ですが、後者は勝つための方法です。

株の勝ち方が分からない人が塩漬け株を損切りするのはどうだろう

現状でどうすればいいのか分からないから塩漬けしているという事は、その銘柄を損切りしたとしても次の投資先で同じ事をしてしまうのではないでしょうか。

勝てる人は損切りして次の勝負を行えばいいですが、そうでない人は塩漬け株を手放したからといって被害が少なくなるわけではありません。

経験を積むために塩漬け株を損切りする

現状塩漬け株を損切りしても損失が減る訳ではありませんし、今後どうなるかも分かりません。

しかし、資金が使えない状態では次の勝負をする事が出来ず、勝つための経験をする事が出来ません。

株式投資で勝つためには市場がどういう物でどういう行動をすれば良いのかを知らなければいけませんが、塩漬け株を持ち続けていてはどうしようも出来ません。

損切りするか塩漬け株を保有したまま別資金を投入する

株 塩漬け
解決方法としては、塩漬け株を損切りしてその資金を別投資して経験を積むか、塩漬け株を保有したまま他から資金を持ってきて経験を積むかのどちらかとなります。

株式投資をもう止めるというのであれば話は別ですが、基本的にはどちらかを選択すると良いでしょう。

もちろん、塩漬け株の株価が上昇してきて助かる可能性もありますが、それについては分からない事です。

塩漬けしないといけない額までに損切りをしないといけなかった

株で塩漬けしてしまう人は、損を確定する事を恐れて損切り出来なかった人だと思います。

どうすれば良かったかというと自分が損切り出来る額以内までに損失を抑えておくべきだったのです。

もし今後そういう場面に出くわしたら、意図が無い限りは損切りする様にしましょう。

PR