株の逆張りはやり方によっては危険では無い

PR

株 逆張り
株の逆張りは危険といわれる事が多いですが、日本人は逆張りをしてしまう方が多い様です。

しかし必ずしもダメという訳ではなく、使い方によっては有利に働くと思われます。

株の逆張りがそもそも良くないと言われる理由

株式投資で逆張りをすると株価が落ち続けている銘柄を拾う事になってしまう可能性が高いです。

この辺で反転するだろうと株を購入しても思い通りに行かないのが株式投資という物で、そのまま捕まって塩漬けになってしまう事も多いです。

心理的には株価が安くなって入った方が安心感があるので逆張りをやってしまいがちですがそれで勝てるかは別です。

短期売買ほど逆張りは良くない

短期売買で逆張りすると少し入るタイミングを間違えると大損してしまう可能性があります。

また、入った位置からある程度下がったら損切りしないと被害が拡大してしまいます。

なので短期売買で逆張りをするのであれば、ちゃんと入る前から損切りする位置を決めてそのポイントに来たら必ず切る様にしましょう。

中長期投資の場合は逆張りはアリ

保有期間が長いとある程度の含み損は許容出来るポジションを取るので、少し下がった程度では問題ないと思います。

また、時間をかければ下がっても上がる可能性はあるので持ち続ける事も可能です。

しかしこれも、ただやみくもに逆張りをしても勝てるとは限りませんので、その株価が上がる根拠を明確にしてから入る様にしましょう。

また、もし株価が上がらなかったとしても中長期投資であれば配当金や株主優待を狙うという方法も出来るので、中長期投資で逆張りをするならそういう物がある銘柄を選ぶと良いかもしれません。

根拠のある逆張りなら問題ない

株 逆張り
逆張りは危険と言われているといっても、その後株価が上がれば結果的には正解だったという事です。

それを狙ってやるのか、それとも上がるまで待つのか、どちらにせよ今の位置から下がるよりも上がる可能性の方が高いのであれば、逆張りをしても問題ないといえるでしょう。

逆張りが有利な相場かどうか

株価が上がり続ける様な相場であれば、わざわざ逆張りせずにドンドン上がる様な銘柄を順張りした方が良いでしょうし、逆に下がり続ける相場ならリバウンドを狙って逆張りをするか空売りをすると良いでしょう。

これは個別銘柄によっても変わってきますし、絶対的な事ではありませんので、あくまで普通に考えてという話です。

結局はどういう相場環境やどういうやり方でも本人の実力次第という事です。

PR