株はニートだからこそ有利に立ち回れる

株 ニート
株式投資はニートにとって最大の希望といってもいいかも知れません。

ニートの中にはネオニートと呼ばれる、株やなんらかの物からお金を得ている人達もいます。

実際の所、現状の生活を保ちながらお金持ちになろうと思ったら、ニートは株式投資をやるぐらいしか方法はありません。

働きたくないという思いから株式投資を始める人は多い

会社員の方もそうでない方も、労働がイヤだからとかお金持ちになりたいから株式投資を始めたという人も多いです。

ちなみにニート経験がある管理人も働かずにお金持ちになりたいという思いから投資を始めました。

ニートだからこそ株式投資は出来たりする

普通の社会人は朝起きて夜遅くに帰宅します。

しかし、株式投資の取引出来る時間帯は決まっていて、15時には市場が閉まってしまいます。

という事は働いていると市場の状態を確認する事は難しく、朝に注文を出すか、昼休みにやるかぐらいしか出来ないという事です。

これは短期売買の場合とても不利なので、基本的には中長期保有するやり方をしている人が労働者には多いと思います。

しかし、ニートであれば時間だけはあるので、短期売買を行ってドンドン資金を回転させて儲ける事が可能という事です。

ニートだからすぐに情報を仕入れる事が出来る

株式投資は常になんらかの情報が入ってきますが、労働者は一々そういう情報を素早く手にいれる事は出来ません。

時間があってなおかつ情報収集に余念の無いニートだからこそ出来る株式投資の方法という物があります。

つまりニートは自身の生活を有利に使えるという事です。

株式投資が出来ないなら働くしかない

株 ニート
ニートの生活は基本的に親が生活費を払ってくれているからこそ出来る物です。

しかし親はいつまでも生きてはいませんし、ニートを1人養うのに何千万円というお金が掛かります。

当然資金が足りなくなる可能性が高いです。

なので、最終的には働かないといけなくなります。

しかし株式投資でお金を稼ぐ事が出来れば労働をしなくても良いですし、人生を逆転出来てなおかつお金持ちになれます。

けれど働くか株式投資をやるかはニート次第です。

とりあえず株を始めてみるのは良い

ニートは将来的に働くにしろどうするにしろ、株式投資をやってみるのは良いと思います。

働くのなら副業として株をやる事が出来ますし、ニートのままでも将来への希望を持てます。

なんにせよ一番イヤなのは将来になんの希望も持てない事だと思います。

ちなみに管理人は株で億万長者になって、仕事を辞めて贅沢してやるという目標と希望の元、働きながら兼業投資家をやっています。

PR