株でナンピンして良い場合とダメな場合

PR

株 ナンピン
株はナンピンをしてはいけないと色々な所で見聞きしますが、本当にそうでしょうか。

たしかに何の公算も無くただ助かろうとナンピンをしまくる行為は良くないですが、やっても良い場合というのがあります。

そもそもナンピンとは何か

株式投資におけるナンピンとは、一般的に言うと既に株式を保有している状態で、株価が下がってしまって平均単価を下げて助かろうとするために株をさらに買う行為です。

そうすると株価が上昇した時に損切りせずに助かる事が出来るという事です。

株式投資でナンピンをしてはいけないと言われている理由

ナンピンをするとたしかに助かりやすくはなりますが、逆にさらに下がってしまった場合の損失額が大きくなってしまいます。

そうなるとほとんどの人が損失を許容できなくなって、損切りすら出来なくなるのです。

なのでナンピンは上手くいけばいいですが、ダメだった時最悪な事態をもたらしてしまう諸刃の剣という事です。

ナンピンをして良い場合とは

株のナンピンは助かろうとして行うからダメなのであって、さらに儲けられるという攻めの姿勢で行う場合は良いと思います。

例えば既にチャンスな状態なのに株価が安くなってさらにチャンスになったらナンピンしても良いですよね。

もちろん前提として何がチャンスなのか、本当にチャンスなのかを把握していないといけません。

また、ナンピンをするにしても株に絶対は無いので資金管理を考えて行う様にしなければいけません。

一つの銘柄を助けようとして資金を全額入れてしまうなどは愚の骨頂です。

最悪の事態を想定出来ない人は遅かれ早かれ退場する事となるでしょう。

株のナンピンは損切り出来る人しかやってはいけない

株 ナンピン
株式投資でナンピンをする人は損切りが出来ず、助かりたいという思いだけでナンピンする人が多いと思います。

しかし、損切りが出来ない人がさらに株数を増やしてどうするのでしょうか。

すでに今の状態で損切りが出来ない訳ですから、さらに損失が増えたらもうその人は塩漬け状態になってしまうのではないでしょうか。

なので、ナンピンは損切りに自信のある人しか本来やってはいけないのです。

ナンピンしなくても勝てる方法を探そう

ナンピンするという事は入ったタイミングが間違っている可能性が高いです。

タイミングがあっていれば含み損にはならずナンピンしなくていいはずですよね。

計画的にナンピン出来る人はいいですが、そうじゃない人は株の売買ルールをちゃんと考え直した方がいいのではないでしょうか。

PR