株で大損してしまう行動と解決方法

株 大損
株で大損してしまう人がいますが、一体何が原因で大損してしまうのでしょうか。

基本的には全て本人の投資方法が悪く、とある事に気をつけておけば大損する事はまずありません。

そもそも何故株で大損してしまうのか

株で大損しない様にするためにはどういう要素で大損してしまうのかを知る必要があります。

自分の資産的に投資資金が多すぎる

株はあくまで余剰資金でやる物で資産の全てをつぎ込んでまでやる物ではありません。

株式投資で勝つ方法をすでに知っていて、より勝つために投資資金を多くしているという人なら良いと思いますが、良くも分からず投資資金を入れすぎるのは株で大損してしまう原因の1つです。

そうならないためには、勝てる様になるまで最低限の投資資金で株取引をして経験値を積む事です。

1銘柄に資金を入れすぎ

集中投資の方が当たった時に儲かる可能性は高いですが、その分株価が下落してしまった時の被害も大きくなってしまいます。

最悪の場合一発退場になってしまう事も考えられるので、特に意味がない限りは資産は分散させて投資しましょう。

同時期のタイミングで仕込みすぎ

株を仕込む時期が同じだと、例えば日本株全体が下落した時に基本的にほとんどの銘柄が下落して大損してしまいます。

仕込むタイミングが良ければ儲かりますが、悪い場合は持ち株が全て含み損になってしまう可能性もあるので、仕込むタイミングはズラした方が被害が少なくてすむ事が多いです。

ボラティリティの高い銘柄に手を出す

株 大損
値動きの激しいボラティリティの高い銘柄を取り扱っているとあっという間に大損してしまう事があります。

最悪の場合は短期的に数名柄しか取り扱っていなくても、投資資金をほとんど無くしてしまう可能性もあります。

短期売買狙いで上手くトレード出来る人は良いですが、それで結果を残せない人は大損してしまう可能性を増やすだけなので、もっとゆったりと上昇していく様な銘柄を取り扱う様にしましょう。

大損しないようにするにはリスクを減らす行動をする事

株式投資で早く利益を出したいがためにリスクを張ってでも利益を優先させる人が多いですが、そういうやり方は初心者には難しい物です。

そのやり方で勝てる人ならいいですが、おそらくほとんどの人が短期売買で結果を残せていないと思います。

もっとゆったりとしたリスクを減らす投資をする事で、大損する可能性をだいぶ減らす事が出来ます。

株式投資は市場に生き残っている限りチャンスがあるので、特に理由が無い限りは無理に急がず投資をする様にしましょう。

PR