株式投資でローリスクに資金を運用する方法

株 ローリスク
株式投資でローリスクな運用や取引を考えている人も多いと思いますが、基本的にはどういうやり方をやってもある程度のリスクを背負う事になります。

しかしそれでも方法によってハイリスクだったり比較的ローリスクな物もあります。

ローリスクを狙うならバリュー投資がオススメ

バリュー投資は割安な銘柄を仕込む方法ですが、業績や財務などと比べて割高な物を購入するよりもローリスクに運用をする事が可能です。

しかしバリュー投資はすぐに利益が出る物では無いので、ある程度長期間の保有が前提となります。

また大金が無いとほとんど利益が出ないので一般人からは少し敬遠されている方法かもしれません。

配当金や株主優待を狙う

配当金や株主優待は株価の値下がりや値上がりに対して少ない比率ではありますが、銘柄選びをちゃんと行えば数年から数十年持ち続けるとプラスになる可能性が高まります。

保有する年数が長いほど儲けられる可能性が高まるので、地味ながらローリスクな株式投資といえるでしょう。

また、多少の値下がりが起こっても耐えられるので効率はどうあれ悪くは無い方法だと思われます。

日本株全体が安い時に買うとローリスク

基本的には日経平均が値上がりしている時に買うよりも、低い位置の時に購入した方がローリスクといえます。

といってもそういう仕込み場は運が良くないと巡り合えないので数年や数十年待つ事になるかもしれません。

株式投資はやっている内に欲が出る

株 ローリスク
最初は少しでもいいから資金が増えたら良い、だけどローリスクな方法が良いと思って株式投資に手を出す人が多いと思われます。

けれどあまりにも資金の変動がゆっくりすぎて、痺れを切らしてハイリスクな方法に手を出してしまう人も少なくありません。

実際の所、少額の資金では大金を手にする事は出来ませんし、これじゃ株式投資をやる意味が無いと思ってしまう人もいます。

そういう人はだいたい短期売買に手を出して、資金を回転させて儲けようとしますが、やはり難しくて損失を出してしまう人が多い様です。

けれど上手くやれば大金を稼げるのが短期売買なので一概には間違いでは無いです。

リスクを減らしたいなら分散投資をする事

株でなるべくローリスクに資金を運用したいという事であれば、分散投資をオススメ致します。

資金をあまり集中投資しすぎるとその銘柄が下落してしまった時に大損してしまう可能性がありますが、資金を分散させておけばどれかがダメだったとしても、他の銘柄で補う事が出来るのでリスクを減らす事が出来ます。

けれど正しい基準で選んだ銘柄で無いと資金を分散させてもローリスクになるとは限りませんので注意が必要です。

PR