株で負ける理由をまとめてみた

株  負ける
株はほとんどの人が負けると言われていますが、何故負けるのかまとめていきます。

中には大金を稼ぎ出す人がいるのが株の世界です。

どうせなら株で負ける人ではなく、勝つ人になりたいですよね。

株で負けるのは何も分かっていないから

株で負ける人はどう立ち回れば勝てるのかという事を理解せずに投資をしている人が多いと思われます。

運で勝つ人ももちろんいますが、勝つ人は勝つ可能性が高い行動をして勝つべくして勝ちます。

何も理解せず適当にやって勝てるほど株は簡単ではありませんので、株で負けるのが嫌ならどうすれば良いのかを見つける事が大前提です。

一銘柄に資金の全てを入れている

株は集中投資をすると儲かった時の金額が大きくなる事がありますが、その反面負ける時の資金の減少はとてつもない物があります。

本当に酷いとそれで一発退場してしまう可能性もあります。

なのでよっぽどの事が無い限り一銘柄に資金を集中させるのは止めた方が良いです。

損切りが出来ない

損切りは必ずしもしないといけない物ではありませんが、短期売買の場合はほぼ必須と言っていい物です。

損失を確定するのが嫌だからといって損切りしないのは、株で負ける原因の最たる物です。

色々な投資方法を中途半端に実行して乗り換える

1つの方法を実行してすぐにこの方法はダメだと決め付けて、色々な手法を行うのは負ける原因の1つとなります。

その手法が有効か分析するのであればある程度の試行回数が必要となるので注意が必要です。

性格が短気すぎて株式投資に向いていない

株  負ける
どういう事でもそうですが、性格が短気な人は株式投資をやっても負ける可能性が高いだけですので止めた方がいいでしょう。

株式投資は忍耐と我慢の連続ですので、短気が治せないのであれば負けるだけとなってしまいます。

メンタル的に許容出来る額を超えている

株式投資は普段の生活では考えられないほどお金が増減します。

当然扱う額が大きくなっていくと利益が出ても含み損が出ても、メンタル的に負担を感じてしまいます。

株はこのメンタルを無視した投資をしていると自分の考えたルールを守れなくなり、自滅していく事が多いです。

なので、自分の心が耐えられる様な金額で株式投資をしないとそれが負ける原因となってしまいます。

まとめ

株で負ける原因のほとんどは自分の投資方法にあります。

株で大金を稼いでいる人は間違いなく存在するので、自分のメンタルや生活スタイルにあってなおかつ勝てる可能性が高い方法を行い続ければ、よっぽど運が悪くない限り勝てる投資家になれるはずです。

なので株で負けるのはもう嫌だし、お金を稼ぎたいという方は自分のやり方を見つけてください。

PR