株の長期保有の方が安心して投資を行う事が出来る

株 長期保有
株式投資は長期保有が王道であるという話を聞くと思います。

実際に手間をかけずに働きながら株式投資を始めるのであれば、長期保有は良いやり方であるといえるでしょう。

株式投資は長期保有の方が儲けやすい

短気売買の場合は資金を回転させる事が出来るので、効率良くやれば資金が増える速度はスゴイ物があります。

しかしその反面、細かな値動きを追っていくため売買がかなり難しい物となります。

そして長期保有の場合は今の株価から、ある程度の期間をかけて最終的に上がってくれれば良いのです。

多少株価が下がっても、業績が良くなるだろうとか何かしらの理由さえあれば基本的に問題ありません。

メンタル的に安心しやすい

短気売買の場合は、常に株価の値動きが気になってしまい仕事にならない事があります。

けれど長期保有の場合は売買頻度が低く、ある程度の株価の下落を見込んだポジションを取るため、メンタル的にある程度安心して株式投資を行う事が出来ます。

手数料が少なくてすむ

株の長期保有はほとんど売買を行わないため、取引手数料が少なくてすみます。

取引手数料はそれほど大きな物ではありませんが、何十回何百回と売買を繰り返していく内に数万円とか数十万円になってしまう事があるので注意が必要な物なのです。

時間を節約出来る

株 長期保有
株式投資で売買する事が趣味という人や、短気売買でお金を効率的に稼ぐ事が出来るという人で無ければ、株式投資にあまり時間をかける意味がないですよね。

長期保有の場合は一度株を買ってしまえば、定期的に株価やニュースをチェックするだけでいいのであまり時間をかけずにすみます。

配当金や株主優待が貰える

どちらも権利日を持ち越せば貰える物ではありますが、基本的に長期保有の方が安心して受け取る事が出来ると思います。

中には権利日だけ狙おうと短気売買を行う人もいますが、それ以上に株価が下落して損をする可能性もあります。

また、銘柄によっては何年以上保有で株主優待がグレードアップしたりするので、長期保有の方がお得な場合があったりします。

その会社を支えているのは長期保有者

コレはお金だけを目的としている人にはあまり関係ない事ですが、会社の株価を支えているのは長期保有者であり、会社にちゃんと投資を行う事が出来ます。

つまり日本を支えているのは、ある意味では株の長期保有者という事になるでしょう。

PR