株におけるロングとショートの意味

PR

株 ロング ショート
株のロングとは買いから入る事で、ショートは売りから入る事を意味しています。

ちなみにロングは英語で強気、ショートには不足という意味があります。

ロングやショートという言葉の使い方

株で買いから入ろうとして銘柄を購入すると、「その銘柄をロングした」とか「ロングポジションを持った」という様な言い方が出来ます。

これが売りから入ると「とある銘柄をショートした」とか「ショートポジションを持った」と言えます。

株だけでなく投資全般で使われる言葉

ロングやショートという言葉は株式投資だけではなく、例えばFXや先物など投資全般で使われる言葉と言えます。

また、個人的には株よりもFXで盛んにロングやショートという言葉が使われていると感じています。

ロングとショートについての知識

株価は上昇する時は基本的に緩やかだが、下落する時のスピードは速いといわれています。

また、株は現物でロングする分にはどれだけ株価が下落しても投資した金額分の損で済みます。

しかし、ショートをするには信用取引を開設して株を借りて投資する必要があります。

その場合株価が上昇し続けると損が増えてしまう事になり、例えばストップ高が続き株を買い戻す事が出来なくなると借金になってしまう可能性もあります。

また、株というのはどれだけ下がっても株価は0円ですが、上がるのには上限が無いため、ショートで入る場合はかなり気をつけて入る様にしておかないと大変な事になるので注意しておきましょう。

ブルやベアという言葉もある

株 ロング ショート
ブルは雄牛の事で、角で下から突き上げる様に相場の強気を意味する言葉です。

またベアは熊の事で、前足を上から振り下ろす姿から相場が下落する、つまり弱気の意味を持っています。

ちなみに普段ロングから入る人の事を「ブル派」、ショートから入る人の事を「ベア派」と呼ぶ事があります。

株でロングしたとかショートしたという人はそう言いたいだけかも

ロングやショートという言葉がありますが、株の場合はどちらかというと普通に株を買ったとか、空売りしたという方が一般的です。

逆にFXの人はロングやショートという方が一般的と思われます。

なので、株においては別にロングやショートという言葉は知識程度に頭に入れておけば言いといえるでしょう。

PR