株の利益確定ポイントは利益が取れればどこでも正解

PR

株 利益確定
株式投資をしているといつ利益確定をすれば良いのかと悩んでしまう事があると思います。

しかし実際はそこまで悩むほどの物ではありません。

投資した理由が無くなる前に利益確定すれば良い

株を購入したという事はその銘柄に何かしらの良い理由があったという事だと思います。

という事は必然的に株の利益確定ポイントはその理由が無くなるまでという事です。

株をなんとなく上がるだろうと購入した場合

この場合はそもそもそんな買い方をしてはいけないので、利益確定はいつでも良いです。

その時たまたま勝てたとしても、根拠無しで購入する方法を続けているといつか必ず負けます。

根拠はあるけどどこまで株価が上昇するか分からない場合

この場合の利益確定ポイントは正直な所、いつでも良いと思います。

何故なら株価がどこまで上昇するかは誰にも分からないからです。

少しつづ利益確定していく方法もある

ある程度の株数を保有している場合しか出来ませんが、株価上昇の天井が分からないのなら少しづつ利益確定していけばいいのです。

何も欲をかいて握っていないといけない訳ではないので、ほどほどの所で全ての株を売却してしまいましょう。

自分の人生が変わる金額まで握りつぶす方法

少しの利益を確定させても仕様が無い、どうせなら大金を手に入れたいという場合はトコトン株を保有し続けましょう。

株の利益確定ポイントに明確な正解が無い以上、自分が必要としているお金が手に入るまで握るという事もある種の正解です。

むしろ株の勝ち方が分かっていない素人の場合は、この方法の方が株で大金を手に入れる可能性は高いと考えられます。

といっても投資金が少額すぎると無理な話なので、さすがに限界だろうと感じたら利益確定してもいいかもしれません。

まとめ

株 利益確定
株の利益確定は人によって正解となるポイントが様々です。

なるべく天井で売りたいという気持ちは分かりますが、勝ち組トレーダーでも天井を見極めるのは難しい事ですし、普通の一般人はある程度株価が上昇したら売却してしまうと良いでしょう。

また、毎回毎回株を購入したら天井付近で売却しないといけない訳ではありません。

肝心なのはどういう銘柄が上昇するのかを把握する事です。

上昇する銘柄にドンドン乗り換えて、比較的安全ポイントで利益確定を繰り返していけば得られる利益は同じ様な物です。

よっぽど良い銘柄で無い限り1つの銘柄に固執する意味がありませんので、極論を言ってしまえばある程度上昇して利益が取れれば株の利益確定ポイントはどこでも良いのです。

PR