株の初期費用は投資期間などで変わってくる

PR

株 初期費用
株の初期費用はどれぐらいいるのかというと、やるだけなら数万円でも始める事が出来ます。

しかしあまりにも資金が少なすぎると買える銘柄も限られてきますし、利益も微々たる物になってしまいます。

株の初期費用は中長期投資なら数百万円ぐらい欲しい

株式投資で年にどのぐらいのリターンを求めているのかにもよりますし、後々数千万円とか億の世界を目指しているのであれば、最低でも100万円は欲しい所です。

短期売買でどんどん資金を回転させる事が出来る平日の取引時間があれば別ですが、ほとんどの人は労働をしながらの株式投資になると思います。

となると利益が伸びる速度も限られてくるので、初期費用はある程度確保しておきたい所です。

短期売買の場合は数十万円ぐらいでもいいかも

株式投資は短期で美味しい部分だけとっていく方法が理論上は一番儲かります。

というのも株というのは上昇するにしても上がったり下がったりを繰り返しながらというのが普通です。

しかし、短期でこの上がる部分だけとっていけば効率が良いのは明白です。

なので短期で出来る人は数十万円ぐらいでも初期費用は問題ないといえるでしょう。

最初は初期費用が多いと大やけどする可能性アリ

株の初期費用が多いとそれだけ得られるお金も大きくなりますが、逆をいうと負けた時の金額も大きくなってしまうという事です。

なので初心者がいきなり大金を株式投資につぎ込むと痛い目を見てしまうかもしれません。

そうならないように最初は数万円ぐらいで1~2銘柄購入して、株式投資とはどういう物なのかを知る事が大切です。

そしてコツが分かってきたら費用を増やして儲ける速度を上げていきましょう。

株式投資は初期費用が多いから勝てる訳ではない

株 初期費用
株の初期費用は勝つだけなら正直な所どうでも良いといってもいいです。

資金が少なくても多くてもやり方は色々ありますし、結局は投資する本人の読みと実力次第です。

なので、初期費用はあまり気にせずに早く株式投資を始めて経験を積む事が大事です。

初期費用が少なくても後々追加していけば良い

初期費用を十分に用意できなかったとしても、給料が入る度に追加していけばそれなりの金額にはなるはずです。

数十万円とか数百万円の世界であれば、投資金の追加投資はそれなりに大きい金額の比率となります。

しかしコレが数千万円単位になると給料程度の追加では微々たる物となるので、純粋に株式投資で増やしていきましょう。

これはつまり、金額が増えれば増えるほど給料では稼げないほどの額を株式投資では稼げるという事です。

なのでみなさんも億万長者を目指して株を始めてみましょう。

PR