株の儲け方が色々存在するのでまとめてみた

株 儲け方
株の儲け方には種類がいくつかあるので紹介していきます。

基本的にはライフスタイルやメンタルなどを考えた上で自分にあった物を選ぶのが良いといえます。

バリュー投資

株式投資の儲け方で有名な方法にバリュー投資という物があります。

これは、企業価値から考えて株価が安く評価されている物を購入して上がるのを待つ方法です。

例えば色々なフルーツが基本的に高いのにバナナは1房100円で売られていたとします。

そしてとある時に50円で売られていた場合それは安いと判断する事が出来ると思います。

そのまま相場が上昇して元の100円付近まで戻る可能性があるという優位性があります。

基本的にこの儲け方は短期売買で行うのではなく、ある程度の中長期で考えた投資方法といえます。

グロース投資

株式投資の儲け方にグロース投資という物があります。

これは収益がドンドン増えていく様な成長銘柄を仕込む方法です。

株式投資はなんだかんだいって企業の収益が増加すればそれに伴って株価も上昇する傾向にあります。

なので今までの決算や情勢などから今後さらに利益が増えていくと思う銘柄に投資していく儲け方です。

仕手株

株をしていると何故かいきなり急騰してその後に元の位置に戻っていく銘柄を見ると思います。

これは仕手株と呼ばれる物で、どこかの大口が一気に買い上げて株価を上昇させ注目を引き、それに乗じて儲けようとしてくる他者に売りつけて利益を上げるという物です。

基本的に仕手行為をしてくる大口はその前に大量の株を仕入れて準備を行い、その後に一気に買い上げて空売りやその買戻しなどを行い株価を操作してきます。

なので個人の戦い方として大口が株を仕込んでいる様な形跡を見つけたり、大口がどういう風に操作してくるかを読んで、大口よりも早く利益を確定するかある程度利益が出たら株を売ると良いでしょう。

仕手株は同じ銘柄で何度も起こる事があれば、一度急騰して急落したらもう戻らない様な物もあります。

数円抜き

株 儲け方
株にはボロ株という1株数円や数十円しか価値が無い様な銘柄が存在します。

そういう銘柄は株価が安いため大量に仕込む事が出来て、さらに数円動くと結構大きな金額を稼ぐ事が出来ます。

世の中にはこんな株の儲け方をしている人達がいるそうです。

出遅れ銘柄狙い

とある業種の銘柄が上昇した場合、同じ業種の他の銘柄も上昇するのではないかという思惑が発生して株価が実際に上昇する事があります。

この株の儲け方は、実際に出遅れて上昇する兆候が出るよりも早く仕込んで、実際に上がったら売るという方法が良いと思われます。

乖離率の戻り狙い

株式投資には移動平均線という物が存在しており、かなりの投資家がコレを見ている傾向にあります。

この移動平均線から何%離れたかという物が乖離率という物で、銘柄によってはだいたい同じ様な乖離率で移動平均線まで株価が戻るといった様な特徴がある様です。

また、相場全体の動きや他の情報と組み合わせて使用すると精度が上がるといわれています。

ちなみにこの株の儲け方は数百億円を稼いだ個人投資家のBNF氏が使っていたとして有名な方法です。

ストップ高投資法

株 儲け方
株はストップ高になると次の日もストップ高になり易いという傾向があります。

ただしその分急落したりストップ安にもなり易いです。

この方法はどういう動きをしたりどういう材料ならストップ高が続きやすいのかを判断して投資する儲け方です。

配当金や株主優待狙いをカモにする

配当金や株主優待が貰える権利を得られる日が近づいていくにつれ、株価が上昇していくのを狙い権利前に利益を確定させる儲け方です。

要は配当金や株主優待狙いで買ってくる人達よりも先に仕込んで、実際に権利前に売りつけるという事です。

ただし、必ず配当金などの権利が近づくと株価が上昇するという物ではないので、過去チャートなどから判断して実行してみるとよいでしょう。

まとめ

株主投資にはこの他にも色々な儲け方が存在します。

基本的にはどれもそうなる可能性が高いといった特徴を把握して、それをどう利用して儲けるかを考えていくと良いでしょう。

PR