株式投資で大損したり借金になってしまう場合とは

PR

株 大損 借金
株式投資は大損したり借金になる事がありますが、そういう人は大抵無茶な取引を行ったり信用取引で失敗した人がほとんどです。

なので比較的安全な投資方法を行っていれば大損する事も借金になる事もあまりありません。

株式投資で大損してしまう場合とは

一度の投資に資金を入れすぎている

株式投資は投資資金が多いほど大損してしまう可能性も高まるので、一銘柄にあまり大きなお金を投入しない方が良いでしょう。

大金を入れると一回の投資ミスで大損する可能性が十分にあるので注意が必要です。

値動きの荒い銘柄に投資している

ストップ高やストップ安を繰り返していたり、ボラティリティが高く値動きの荒い銘柄は初心者の場合あまり手を出さない方が懸命です。

上手く立ち回れる事が出来る様な人であれば短期間で効率良く稼ぐ事が可能ですが、一瞬の判断ミスが命取りになったりするので、基本的にはリスクを考えてトレードしない方が良いといえるでしょう。

ナンピンをしすぎている

初心者が一番株式投資で大損するパターンとして多いのがナンピンを多用してしまう事です。

逆張りして平均単価を下げようとナンピンする行為はとても危険で、株価が戻る保障はどこにもありません。

むしろ損失が増える速度を加速してしまうので大損してしまう危険が高いです。

株式投資で借金する場合とは

株 大損 借金

信用取引で負ける

株式投資には自分の資金以上を取引する事が出来る信用口座という物がありますが、その口座で取引を行い大損してしまうと借金になってしまう可能性があります。

口座内の資金以上に負けなければ借金になる事は無いですが、超えてしまうと借金になるので注意が必要です。

投資資金自体が借金

信じられないかもしれませんが、株式投資をするために借金をしてお金を用意してしまう人が結構いたりします。

コレは普通の消費者金融で借りてきたり、親戚などから調達した資金です。

この場合は株式投資で大損して借金したというよりも最初から資金が借金という話だったりします。

現物取引で投資資金が借金でなければ大損しても問題無い

現物取引はどれだけ大損しても借金になる事はシステム上ありえないので安心です。

また、投資金が借金で無ければ最悪どれだけ負けたとしても詰む事は無いので大丈夫です。

大損しても良い様な金額でやる事

株式投資をやるのであれば、全て失っても生活に問題無いぐらいの資金のみを口座に入れるように心がけましょう。

投資は本当に恐ろしい物ですので、最悪投資資金が全て無くなってしまう事も考えれます。

なので、自分の生活を守るためにも安全マージンはある程度確保しておく必要があるのです。

その範囲内で大金持ちを目指したり、小遣い稼ぎするために株式投資を行っていきましょう。

PR