株式投資の資金はいくらから運用スタートすれば良いのか

PR

株 資金
株式投資は運用資金が少ない人でもスタートする事は出来ます。

しかし資金量によって稼げる金額が変わってきますし、買える銘柄も限られてきてしまいます。

株の資金が少ないと良い銘柄が買えない

株をするための資金が3万円とかあまりにも少ない金額ですと良い銘柄を見つけても購入する事すら出来ません。

中には買える銘柄もありますが、そのレベルの資金量だとまずは働いて元手を稼ぐ事を優先させた方が良いでしょう。

銘柄の中には最低数百万円無いと買えない様な物もあるので、ある程度の資金は必要となります。

資金が多いと効率が良い

同じ投資方法を行っても資金が少ないのと多いのでは、稼げる額がまったく変わってきてしまいます。

例えば10万円と1000万円では同じ10%を稼ぎ出したとしても、10万円だと1万円しか儲かりませんが1000万円だと100万円も儲かる事になります。

なので、勝てる方法であれば資金が多ければ多いほど効率が良いという事です。

生活するための最低資金はだいたい決まっている

人間が生きていくための資金というのはある程度決まっているので、1万円だと生活費の足しにもなりませんが100万円だと大助かりですよね。

何を買うにも庶民レベルの物価というのはあるので、株式投資で得られる金額が少なければ余裕が無く、多く稼げる事が出来れば余裕が出来るという事になります。

株式投資の資金調達は余裕資金から

株 資金
株はあくまで副収入的にやる物であり、生活するために必要な金額を入れてまでやる物ではありません。

生活に支障が出るレベルの資金を投入するともし大損した時に生きていく事すら出来なくなってしまいます。

なので、株をやるのなら無理に資金調達をせずに当面必要の無い余裕資金でやる事をオススメ致します。

株をやるために資金を借りるのは愚かな行為

稀に株式投資で儲けるために消費者金融からお金を借りるという人がいます。

たしかに資金量は多い方が良いのですが、もし損失を出してしまった時にどうしようも無くなってしまうのであれば、お金を借りるのは止めておいた方が良いでしょう。

株を始めるには資金がいくらぐらい必要か

初心者の内は数万円程度でも問題はありません。

むしろ大きな金額を入れても、損失額を増やしてしまうだけになるでしょう。

なので慣れて来たら数十万円とか数百万円という資金を投入していきましょう。

だいたいこのぐらい資金があれば運用するにはそこまで困らないと思います。

また、最終的には1000万円ぐらい運用出来る様になると稼げる金額も増えますし、生活レベルもワンランク向上するのでは無いでしょうか。

PR