株の基礎知識は初心者なら覚えておきたい

PR

株 基礎
株の基礎知識が無いと儲ける所か始める事すら出来ないので、最低限の基礎知識は知っておかないといけません。

しかしそこまでの知識は入りませんし、株を始めるだけならとても簡単です。

細かい部分はやりながら覚えていけば問題無いと思います。

株式投資は上がると思う会社の株を買えばいいだけ

株は結局の所、上がるか下がるかだけなのでこれからさらに成長して株価が上がると思う銘柄の株を買えばいいだけです。

これは基礎的な知識というか当たり前の事ですが、株歴が長くなるとこの基礎を忘れがちになって意味不明な投資をやりがちとなります。

株の売りが出ていないと株を買う事は出来ない

とても基礎的な事ですが、発行株数というのは決まっていて誰かがその株を売りたいと思って売りに出さない限り、基本的には株を買う事は出来ません。

なので売り側がこの価格で売りたいと出すから買い方は株を買えるという事です。

買える株の単位は基本的に決まっている

株は1株いくらという価格の表示がされますが、実際に購入するとなると基本的には100株単位での購入となります。

まれに違う単位の物もありますので、株を購入する時は必ず確認しましょう。

とても基礎的な事ですが、見間違えて購入する予定ではない株数を買ってしまう事もあるので注意が必要です。

日経平均株価とは

よく日経平均株価という言葉を聞くと思いますが、これは東証1部という市場に上場している会社で特定の条件で選ばれた225社の平均株価となります。

厳密には特殊な計算をした平均株価となりますが、そこまで把握する必要はありません。

日経平均が上がれば基本的に株価は上がる

株 基礎
全ての銘柄の株価が上がるわけではありませんが、日経平均株価が上がれば基本的にはほとんどの銘柄の株価が上昇します。

なので日本株全体が上がっていく様な相場で株を持っている事が基礎的な投資方法となります。

株には色々な市場がある

日本を代表する会社の株は、だいたい東証1部という審査のとても厳しい市場で株の取引が行われています。

その他にも東証2部や新興市場と言われているマザーズ、ジャスダックなどがあります。

証券会社によって、取り扱っている市場が異なる場合もありますので注意が必要です。

株の基礎は資金を減らさずに増やす事

株の初心者は無理にリスクの張った投資をせずに、少額でいいのでなるべく資金を減らさない様な投資を心がけましょう。

この資金を減らさないという基礎はとても大事で、株式投資は種銭が尽きてしまったら終わりです。

なので、まずは経験を積むために株式投資に慣れる事が大事です。

儲けるのはその後で行っていくようにしましょう。

PR