株で失敗してしまう可能性がある方法一覧

株 失敗
株で失敗してしまう原因は基本的にリスクを張りすぎているか、自分の生活スタイルやメンタルに合っていないやり方をしている可能性があります。

そこでどういう方法を取ると失敗し易いのかいくつか解説していきます。

急騰している株に投資する

いきなり株価が急騰した銘柄は、材料がその上昇に伴っていればいいですが、そこまでの要素ではないのにも関わらず急騰した場合、急落する可能性が大きくなってきます。

酷い場合だと何連続もストップ高した後に上昇前の価格に戻るぐらいの下落の連続という事もあります。

そういう株に良く分からず投資すると失敗してしまうリスクが大きくなります。

特に株の材料は、その業界の素人ではどのくらい凄い事なのか把握出来ない場合が多いと思うので、失敗してしまう確率も高い方法ともいえるでしょう。

落ち続けている銘柄に投資する

株価が下落を続けてここまで落ちたのだから反転するだろうという安易な発想で入るとそのまま捕まってしまい、中々損切りが出来ずに損が拡大して失敗してしまう事もあります。

株は単純にチャート的に見てこの辺が底だろうと思っても、業績やその他の要因で底や反転ポイントというのは変わってしまうので見極めが難しいといえるでしょう。

なのでよく分からず下落し続けている銘柄の株を買うのは、失敗してしまう可能性があるのでやめておきましょう。

資金を一点集中する

投資資金を一銘柄に集中させる行為は、よっぽどの材料とちょっとやそっとでは揺るがない様な自信が無いとやめておいた方が良いでしょう。

というのも、資金を集中させるという事はその1回の投資で資金がどうにでもなる可能性があるという事だからです。

良い方に動けば良いですが、株価が下落してしまうと取り返しのつかないぐらい失敗してしまう事も考えられます。

なので、基本的には分散投資してリスクを減らし、トータルで勝つといった様な方法をオススメ致します。

むやみに売買しすぎる

株 失敗
良く分からず投資して株の売買をやりすぎると取引手数料がかさんでしまうのでやめておいた方が良いです。

手数料は少ないように感じる人もいると思いますが、気にしないでいるとすぐに数万円や数十万円という額になってしまいます。

それだけ費用を払っても細かく売買して稼げる人ならいいですが、そういう訳では無いのなら株で失敗してしまう可能性が高くなるだけなので、取引回数は減らした方がいいでしょう。

信用取引を行う

信用口座を開設すると自分の資産以上の取引が出来たり、空売りをする事が出来ます。

そうすると儲かった時の額も増えますし、取引の幅を広げる事が出来ますが、それと同時に失敗した時のリスクも増えてしまうので注意が必要です。

なので、特に大きな理由がないのであれば信用口座で取引せずに現物で投資する事をおすすめ致します。

生活スタイルやメンタルに合わない投資をしている

日中働いているのにも関わらず株価の上下が激しい銘柄に投資したり、自分のメンタルが耐えられない様な額の金額を投資するなど、とにかく自分にとって不利になる様なやり方は失敗の原因になってしまうのでやめた方が良いです。

この部分をないがしろにしていると資金をほとんど無くしてしまったり、ストレスで病気になってしまう事もあるので注意が必要です。

PR