株式投資で退場するのは無理をしてしまうから

PR

株 退場
株式投資でなるべく退場しないためには、大きな勝負をせずに少額投資で生き延びる事が大切です。

株は一度大損してしまうと損失分を取り戻す事がかなり大変となるため、そのまま強制退場してしまう事も少なくありません。

株式投資で退場してしまう原因

大きな勝負をしてしまう

株式投資をやる人は大金を稼ぐ事を夢見る場合が多いですが、短期間に無謀な挑戦を行ってしまいがちです。

そのトレードにどれほどの勝算があったとしても、1回の投資で無理をすると負けてしまった時に取り返しがつかない事になってしまいます。

運がよければ大金を稼げますが、大抵の場合は利益を伸ばす事が出来なかったり、もしくは大損してしまう物です。

なので必ず、1回の投資でいくらまで入れていいのかを考えておき、そのルールを守る事が大切なのです。

参考までに言うととある億トレーダーは1銘柄に資産の10%までしか入れないそうです。

勝ち方が分からないのに必要以上に投資する

どうやれば株取引で儲けられるのか分かっていない状態で資金を入れすぎても意味が無いですよね。

ですので、どうやれば株式投資で稼げるのかが分かるまでは最低ロットで投資を行い勝つ方法を探し当てましょう。

ムダに資金を入れても退場する時期が早まるたけとなってしまいます。

損切り回数が多く徐々に資金を減らしていく

株 退場
株式投資は損切りをしないと退場してしまうから、損切りはとても大事という話を聞いた事がありませんか。

しかしこれは単に損切りをすれば良いという話ではなく、期待値的に切らないといけないとか、思った通りに動かなかったからといった何かしらの訳が必要です。

理由無しに損切りしていては、自ら進んで損失を確定しているだけとなり意味がありません。

むしろ塩漬けになる可能性はありますが、損切りしない方が退場しなくてすむ場合もあります。

退場しないでさえ入れば可能性は残る

株式投資は退場してしまうとそこで試合終了です。

なのでとにかく生き残り自分の腕を磨くか、チャンスの時が来るまで待ち続ける事が大切です。

株式投資は粘り強く相場を見続け、諦めなかった人だけが儲けられるようになるのです。

もし本当に退場したいのなら辞めた方が良い

すでに株取引で大損して退場を考えているというのであれば、株の世界から足を洗うのも良いかもしれません。

株は諦めの悪い人の方が良いですが、向いていない人も当然中には存在します。

もう何をどうすればいいのかさっぱりという状態であれば、諦めてしまいましょう。

PR