株で損切りしないといけない場合としなくて良い場合

PR

株 損切りしない
株で損切りしないやり方は良い場合と悪い場合があります。

勝つためには損切りが必須と聞く事もありますが、必ずしもそうとは限りません。

株式投資で損切りしないで良い場合

保有期間が中長期の場合

株の中長期投資は基本的に損切りしないで問題ありません。

むしろ、頻繁に損切りをしたら中長期における優位性が発揮される前に損失を確定してしまう事になります。

中長期の場合は、細かい値動きは分からないけど時間をかければ株価は上昇していくという目論見の元投資を行います。

なのでちょっと株価が下がったぐらいでは損切りしないでいいでしょう。

ただし、株価が上昇する理由自体が無くなってしまった場合は損切りを考えた方が良いでしょう。

配当金や株主優待が目的の場合

株価の上下はあんまり気にせずに配当金や株主優待が目的という場合は損切りしないで良いと言えるでしょう。

長い目線で見れば、ちょっと株価が下がっても配当金や株主優待でカバー出来るので、そういう狙いで投資を行うなら損切りしないで問題ないですよね。

ただし、配当金の額が下がったり、株主優待に変化があった場合は損切りを考えても良いでしょう。

損切りしないといけない場合

株 損切りしない

短期売買の場合

株の短期売買の場合は損切りはほとんど必須といっても良いでしょう。

短期売買は利益確定や損切りを繰り返してトータルで勝つというやり方で株の取引をするはずです。

なので含み損が大きくなって切りたくないからといって損切りしないでいるととんでもない事になる可能性があります。

また、損失を限定的に出来ないと勝つ事は出来ないので損切りは必須となります。

保有銘柄に問題が起こった場合

自分が保有している銘柄に何かの悪材料があった場合は、内容によって損切りを考えた方が良いかもしれません。

株式投資を長年やっていると本当に酷い不祥事を起こす会社があったりして、最悪倒産になってしまう危険性もあります。

なので、相当悪い事があった場合は損切りしないと危ないかもしれません。

損切りしないでも良いけど経験を積めない可能性

株式投資で含み損を抱えて、損切りしないでそのまま保有し続けると損失が増える可能性がある上に投資の経験を積む事が出来なくなってしまいます。

他に投資資金があるというのなら良いですが、全額入れてしまって身動きが取れないという状況は最悪なので、そういう場合は損切りしないといけないかもしれません。

損切りは致命傷から救ってくれる

10回中9回助かったとしても残りの1回で退場になってしまう可能性があるのが株式投資です。

損切りはその1回から自分を守るために行う物でもあります。

基本的にはどんな投資方法だったとしても損切りしないといけない時にはしないといけないのです。

なので、自分のメンタルがいくら辛くても相場は非情という事を覚えておきましょう。

PR