株で借金になってしまうのは自業自得

PR

株 借金
株式投資で借金になってしまったという人をたまに聞くと思いますが、基本的に株式投資で借金になる事はほとんどありません。

それなのに借金になってしまうのは何が原因か解説していきます。

資金がそもそも借りたお金

株式投資は資金が多いほど儲けた時の利益も多くなるので、稀にお金を消費者金融から借りてきて株式投資を始める人がいます。

そうすると当然、そのお金を負けて失ってしまった場合借金だけが残る事になります。

なのでこの場合は株式投資をして借金になったというより、お金を借りて借金して負けただけなのです。

信用取引を行って負けてしまった

株式投資では信用取引という物があり、お金を証券会社から借りて投資する事が可能です。

この場合は自分が本当に現金としてもっている分だけ負ければ借金になる事はありませんが、借りた分も負けてしまうと借金になってしまうのです。

株はお金を借りて投資しなければ借金になる事は無い

株式投資はその会社の株価が0になったとしても、投資したお金が無くなるだけで借金になる事はありません。

なので、株で借金した人というのはお金を借りて投資して負けてしまった人という事です。

株は現物の買いだけでやれば安全

株式投資は自分がもっている資産を使って買いだけで投資すれば借金になる事はありません。

なので、投資は怖いと思っている人はそこまでの恐怖を感じなくても良いのです。

ちゃんと負けても良い額だけ株を購入すればいいだけの話なのです。

自分をコントロール出来ない人が問題

株 借金
株で大損してしまったり借金してしまう人は、株式投資に夢を持ちすぎてリスクを取り過ぎる傾向にあります。

本来そういう人は株式投資を行うべきでは無いと思いますし、いつか必ず取り返しのつかない事になってしまうでしょう。

株は現実を見て投資する事

株で稼げる人は大金を稼ごうという夢を持っていたとしても、現実を見て投資を行います。

借金をする人みたいに無謀な挑戦はしませんし、リスクコントロールを行っています。

株式投資を行うのなら、勝った時の事よりも負けた時の事をよく考えて、もし負けてしまってもやり直せるという投資しかしてはいけないのです。

また、株は億万長者を目指しても慣れる物では無く、勝手にいつのまにかなっている物だと思います。

まとめ

株で借金をしてしまうのは自業自得という事です。

株は短期間で大金を目指さず、長い目で見て大金を手に入れれたら良いなぐらいに思って投資を行いましょう。

また、仕事をおろそかにせずに支障の無い範囲で株式投資をやりましょう。

PR