株式投資は危険と言われているが実際どうなのか解説

株 危険
株は危険な物と考えている人が多い様ですが、ちゃんとしたやり方を学び、必要以上に資金を投入しなければ株は危険というほどの物ではありません。

もちろん危険な部分もありますが、危険な行動をしなければいいだけの話なのです。

株が危険と思われている理由

株式投資に関してだいたい耳に入ってくる情報は、大金を失ってさらに借金になって首が回らなくなってしまったという物だと思います。

基本的に株で儲かったという話を聞くよりも、株で負けて困っているという事を発信する人の方が多いと思われます。

例えば自分が株式投資をしていたとして、会社の同僚などに株で儲けているという事は中々言いづらいですが、株で負けてしまったという笑い話は出来ると思います。

こういう風に身近な人から聞く情報やネット上の情報では、株は負ける物でとても危険という話ばかりが情報として入ってしまうという事です。

株は本当の所危険なのか

株 危険
株が危険か危険では無いかというと間違いなく危険な物です。

お金を使ってお金を儲ける訳ですから、資金を失ってしまう可能性があるだけで危険といえます。

しかし、考えてみればどんなお金稼ぎの方法も何かしらの代償を支払っているはずです。

例えば普通の労働に関しても、長い義務教育を受けて仕事を学び1日数時間働かないとお金を稼ぐ事はできません。

つまり、膨大な時間と労力を犠牲にしてお金を稼いでいるという事です。

株式投資の場合はそれがお金というだけの話です。

投資金が少なければそこまで危険ではない

株の何が一番危険かというと自身が持っている資金を必要以上に投資して大負けしてしまう事にあります。

なので簡単な話、自分が許容出来る金額の投資金に抑えれば株はそれほど危険という物ではないのです。

信用取引はせずに現物でやる事

信用口座というある種の借金が出来る口座を開設せずに、自身が持っているお金だけで投資を行う現物取引だけをやれば、借金になる事は100%ありません。

ちなみに株で借金になってしまったという人は信用口座で取引して大負けしてしまったか、消費者金融などからお金を借りてきて負けてしまった人なだけです。

もう一度言いますが普通に現物の株式投資をやっていて借金になることはありえません。

まとめ

株式投資自体が危険という事は無く、そうしてしまっているのは投資している本人のせいという事です。

事前にちゃんと自分が何をやっているのか把握した上で、危険を回避した行動をすれば株式投資はそれほど危険な物ではありません。

PR