株価チャートの見方は初心者の内に覚えておきたい

株 チャート 見方
株価チャートの見方は初心者の方にとってとても難しい物だと思います。

短期売買のトレーダーにとっては、チャートの見方が分からないとトレードにならないと思うので、是非覚えておきたい知識といえるでしょう。

株価チャートの見方だけ覚えても無意味

初心者は株のチャートを見て株価が上昇するか下落するかを判断する物と思いがちですが、チャートだけで株価の変動を見極めるのはかなり難しいといえます。

というのも、株価というのは業績や世界情勢などの影響を受けている事が多いため、同じチャート形状パターンを過去に描いていたとしても、チャートだけ見ていて再現性を判断できるかはかなり難しいです。

それでも無理に上昇するチャートの見方を知りたいというのあれば、今まで順調に株価が上昇してきているトレンド銘柄は、さらに上昇する可能性があるだろうという事だけ伝えておきます。

何かしらの理由があって今まで上昇してきているので、何も無ければしばらく株価は上がっていく事でしょう。

しかしいつかはそのチャートが崩壊してしまうのは、どの銘柄の株価チャートを見てもハッキリしている事実なので注意が必要です。

チャートは何かとセットで見ると良い

株のチャートは単体で見る物ではなく、その他の何かと組み合わせた見方をする事によって信憑性が向上するでしょう。

良く言われているのが移動平均線やその他のテクニカル指標ですが、どういう時に使用出来るのかというのは自分で検証して調べる以外に方法はありません。

もしくは、まったく別の要素と組み合わせると株価上昇の判断をするためのチャートの見方が出来る様になるかもしれません。

中長期投資家はチャートを重要視していない

株 チャート 見方
中長期的な投資をする場合は、チャート形状よりも会社の経営状態や世界情勢の方がとても重要といえるでしょう。

一通り企業分析をした後で、最後の方にチャートを確認して仕込むタイミングを計るぐらいの価値しかありません。

もちろん中には重要視している投資家もいるとは思いますが、全体的な比率で言えばそこまで重要では無いという事です。

チャートはメンタルを見る物でもある

株価チャートは単純にその形状によって、今後の値動きを予想するという見方をするために使う物でもありますが、別の使い方をすると他の投資家のメンタルをある程度推し量る事も可能でしょう。

トレードはメンタルが重要というのは、自身のメンタルだけでは無く、他者のメンタルを把握するという意味も込められていると思われます。

まとめ

株価チャートの見方は単純に形状を見ればいいという訳でなく、全体的な要素を踏まえて使用する必要があります。

なので初心者の方は、複合的な考え方を出来る様に色々と検証を行って正解を見つけていく事が大切という事です。

PR