株を始めるには簡単な知識と口座開設が必要

株を始めるには
株式投資を始めるには口座開設が必要ですが、そんなに難しい物ではありませんので安心してください。

それよりも株式投資を始める前に知っておいて欲しい情報があるので記載していきます。

株式投資とはそもそも何か

株式投資というのはある一定の審査をくぐり抜けて、皆が取引出来る様に上場した会社の株に投資してお金を得る事です。

なので株は上場している会社の株式を買う事しか出来ません。

しかし上場している会社というのは数千社ほどあるので、たくさんの会社から株を買う事が可能です。

もちろん皆が知っている様な有名企業の株を買って株主になる事も出来ます。

株で儲けるとはどういう事か

株を始めるには少しの知識が必要となります。

その一つとして、そもそも株を買うと何故お金が儲けられるのかという事です。

会社によって株の価値というのは違っていて、1株いくらという様な感じで決まっています。

この価値というのは需要と供給で決まり、発行している株式を皆がいくらなら欲しいのかとか、どのくらいの人がその会社の株を買うのかというので基本的には決まります。

そういう株の売買で株価という物が決まり、株価が上がれば株を保有している人が儲かるという事です。

配当金

株式投資は株価の上昇だけでなく、決まった日に株式を保有していると配当金という物が貰えます。

この配当金も会社によってまったく違い、1株につきいくらといった感じで株主に配っています。

株主優待

日本の会社は株主に株主優待という物を配っている所が多いです。

これはその会社が製造している物だったり、商品券だったりと様々な物が貰えます。

開始資金はいくら必要か

株を始めるには
株を始めるには投資資金が必要ですが、これは数万円程度からでも始めるには問題ありません。

しかし、資金量が少ないと欲しいと思っている会社の株を買う事が出来ませんし、得られる利益も少ないので数十万円や数百万円はあった方が良いと思われます。

といっても生活に必要なお金ではなく、必ず余剰資金を株式投資に回す様にしてください。

株をするメリットは何か

株式投資を始めるとお金を稼げるというのが最大のメリットですが、政治や色々なニュースに敏感になったり、色々な会社や仕事に興味を持てるようになって視野が広くなります。

他には社会人で株をやっているという人も結構多いので、話のネタになったりします。

株でいくら儲ける事が出来るのか

株式投資を始めるとどのくらいのお金を得られるのかというと、それは億単位のお金を得る事も可能です。

実際に100万円ぐらいから億万長者になった人も何人もいます。

凄い人になると200億円ぐらい個人で儲けた人もいるほどです。

株を始めるには何が必要なのか

株を始めるにはまず証券口座を開設する事が必要です。

これは何歳でも開設する事が出来ますし、無職だとしても問題ありません。

さすがに未成年の場合は親の同意書などが必要となりますが、最近では小学生で株をやっている人も珍しくは無いです。

他には運転免許書などの身分を証明する物や、マイナンバーが必要となります。

登録自体は本当に簡単ですので、ぜひ株式投資を始めて億万長者を目指しましょう。

PR